A子と不妊治療―日本初の不妊治療医療過誤訴訟を経て

個数:

A子と不妊治療―日本初の不妊治療医療過誤訴訟を経て

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784771023659
  • NDC分類 495.48
  • Cコード C0036

内容説明

突然襲ってきた不妊現象という名の暗黒の闇からひとすじの光が差しこむその日まで、握りしめた家族の手を離さずにいることが大切なのです。その時「家族」に何が起きたか。

目次

第1部 不妊の現在・過去・未来(沈黙の時代;生殖革命の時代;変化するもの・しないもの ほか)
第2部 不妊と家族(選ばなかった選択肢;寸断された選択肢;片道切符の選択肢 ほか)
第3部 不妊シンドローム(リスク;あの日;リセット)

著者等紹介

荒木晃子[アラキアキコ]
福岡県に生まれる。立命館大学大学院応用人間科学研究科修士課程修了後、現在、同大学立命館グローバル・イノベーション研究機構(R‐GIRO)客員研究員。他に、大阪府内の精神科クリニックと島根県松江市にある医殖医療施設内田クリニックの心理カウンセラーとして勤務する。島根家族援助研究会主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。