光人社NF文庫<br> 悲劇の艦長 西田正雄大佐―戦艦「比叡」自沈の真相

個数:

光人社NF文庫
悲劇の艦長 西田正雄大佐―戦艦「比叡」自沈の真相

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月27日 05時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829782
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

第三次ソロモン海戦にて激しいスコールによる錯誤の連鎖から、戦艦「比叡」は図らずも先陣を切って米重巡艦隊と会敵。接近乱撃戦のすえ壊滅的打撃を与えるも、航行不能に陥り自沈処分された。兵学校、海大とも思賜組として卒業し将来を嘱望されながら、汚名のもとに終生黙し続けた艦長、西田正雄大佐の真情に迫る物語。

目次

勇者の汚名
ひとつの約束
小さな錯誤
勝利なき戦い
悲劇への序曲
艦長の決意
四面楚歌
掌航海長の告白
運命の退艦
艦長の生還
鎮魂の沈黙

著者等紹介

相良俊輔[サガラシュンスケ]
大正7年(1918年)7月、東京都に生まれる。早稲田大学中退。編集記者生活十数年を過ごし、その間に山本周五郎、山手樹一郎氏らと親交を深め、作家生活に入る。文芸誌『不同調』に処女作『虚構の夜』を発表。以降、新聞連載小説数編を書き、児童文学に転向。漫画原作、動物小説、熱血冒険小説ほか著作多数。昭和54年(1979年)8月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。