光人社NF文庫<br> 最後の震洋特攻―黒潮の夏過酷な青春

個数:

光人社NF文庫
最後の震洋特攻―黒潮の夏過酷な青春

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月25日 20時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 298p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829287
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

「四国沖に敵機動部隊北上中」の情報で下された出撃命令。若者たちは、敗戦の翌日になぜ出撃しなければならなかったのか―誰が、その命令を出したのか。震洋艇大爆発の惨劇はどうして起こったのか。トラックのエンジンを装着し、艇首に二百五十キロの炸薬を搭載した、ベニヤ板製ボートと共に生きた過酷な青春。

目次

第1章 特殊兵器
第2章 震洋隊基地
第3章 出撃命令
第4章 手結基地震洋隊の悲劇
第5章 誤報
第6章 黒潮の夏

著者等紹介

林えいだい[ハヤシエイダイ]
1933年、福岡県生まれ。ノンフィクション作家。ありらん文庫主宰。読売教育賞(1967年)、朝日・明るい社会賞(1969年)、青丘出版文化賞(1990年)、平和・協同ジャーナリスト基金賞(2007年)各受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。