光人社NF文庫<br> 陸軍大将山下奉文の決断―国民的英雄から戦犯刑死まで揺らぐことなき統率力

個数:

光人社NF文庫
陸軍大将山下奉文の決断―国民的英雄から戦犯刑死まで揺らぐことなき統率力

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月23日 05時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769829003
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0195

内容説明

軍紀に厳格、人間教育に一家言を持った名指揮官、山下奉文の葛藤とはいかなるものであったのか―太平洋戦争劈頭、シンガポールを陥落させ、栄光の頂点に立った稀代の将軍は敗戦後、最後の戦場フィリピンで刑場の露と消えた。優しさと残酷さを合わせ持つその人間性と戦場という極限における軍人の心理に迫る。

目次

嵐の前
ウィーンの石畳を踏んで
山下と東条
痛恨の二・二六事件
雪の朝
事件の後
大陸に広がった野火
迫りくる嵐
満州防衛司令官
開戦前夜
さいは投げられた
ハワイ攻撃より早く始まったマレー半島上陸
マレー半島上陸
熱帯雨林を駆け抜けて
密林の中の日本兵たち
大事件を前にして
凄惨きわめたシンガポール戦
提灯行列の陰で
華僑粛清
嵐の後
焦燥の日々
終焉の地

著者等紹介

太田尚樹[オオタナオキ]
1941年、東京生まれ。作家、東海大学名誉教授。専門は日本近代史、比較文明(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。