教育/家族をジェンダーで語れば

個数:

教育/家族をジェンダーで語れば

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784768479124
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0036

内容説明

女の子/男の子/母親/父親…『らしさ』の枠をあらためて問う。

目次

1 教育/家族をジェンダーで語れば(個人と差異と―アメリカの小学校で;名前の重さ;名前と社会のさまざまな関係;スカートとズボンのなぞ;「降りる」ことの難しさ ほか)
2 教育/家族とジェンダー(女は理系に向かないのか―科学技術分野とジェンダー;子どもたちが何を望んでいると語られてきたのか―社会調査言説から見える子どもと家族の現在)

著者等紹介

木村涼子[キムラリョウコ]
1961年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科助教授。教育社会学・歴史社会学専攻

小玉亮子[コダマリョウコ]
1960年生まれ。横浜市立大学国際総合科学部準教授。教育学・家族社会学専攻
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。