シリーズ藩物語<br> 広島藩―福島正則が礎を築き、浅野氏が継承。産業・文化・学問の発展をみた西国有数の大藩。

個数:

シリーズ藩物語
広島藩―福島正則が礎を築き、浅野氏が継承。産業・文化・学問の発展をみた西国有数の大藩。

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年06月13日 13時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784768471579
  • NDC分類 217.6
  • Cコード C0321

出版社内容情報

関ヶ原の後、毛利氏に替わり入国した福島正則が藩の基礎を固め、続く浅野氏が250 年にわたって藩政を担った。中国地方の中央に位置し、海と山に囲まれた好条件を活かした産業・交易によって発展、文化・学問が花開く。また、広島は幕末動乱の舞台でもあり、そこに生きた人々の姿も追う。
三次や現在の安芸高田市・吉田にあった支藩、赤穂浪士で知られる同族の赤穂藩にも触れる。

自然と立地に恵まれ、産業・文化・学問を開花させた西の大藩の物語!

内容説明

福島・浅野氏による城下・街道・港湾・舟運などのインフラ整備。人々の不断の努力が産んだ特産品など、諸産業の発展と学問の隆盛。中国地方の行政・経済・文化の中核を担う広島県の礎となっていく。

目次

第1章 毛利氏・福島氏の時代と広島藩の成立―豊臣政権下の大大名毛利氏を受け継ぎ、福島正則によって広島藩の基礎が作られた。
第2章 浅野氏入封と広島藩―福島氏に代わり浅野長晟が入封。浅野氏の広島藩が成立した。
第3章 浅野吉長の時代―十八世紀前半を中心に、藩政改革と学問を推進した「名君」の治政とは。
第4章 地方の時代と文芸―十八世紀後半、藩の財政再建が実を結ぶ。この時期文芸が盛んとなった。
第5章 広島藩の特産品 奨励と統制―領内では、藩の主導のもと各地で風土に適した様々な特産品が生産されていた。
第6章 幕末・維新期と広島藩―藩財政が疲弊する中、広島藩もペリー来航をきっかけに、激動の幕末期を迎える。

著者等紹介

久下実[クゲミノル]
1970年、広島県呉市生まれ。広島県立高校教諭などを経て2010年から主任学芸員として広島県立歴史博物館に勤務し、博物館教育や日本近世史などに関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MASA123

11
江戸幕府成立後、入封した福島正則が広島城を大規模に増改築し城下町も整備されたが、福山城など多すぎた支城の設置などは幕府から不穏視され、災害復旧による広島城改築の際に転封されてしまう。19年の短い福島時代に、現代につながる広島市の基礎ができてしまったのがすごい。その後、和歌山藩から移ってきた浅野氏が幕末まで藩主をつとめる。浅野家は跡継ぎも順調で、広島の地は、海上輸送、港湾、鉱山、地場産業などにも恵まれていたので、藩の財政も健全に推移した。しかし、天保(1830年)の飢饉により一気に財政窮乏する。 2024/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17961089
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。