映画を哲学する本―ハリウッド映画を通して哲学を読む。

映画を哲学する本―ハリウッド映画を通して哲学を読む。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784485300299
  • NDC分類 778.253
  • Cコード C3010

目次

序章 プロローグ
第1章 映画の時間性について
第2章 「タイタニック」―愛は永遠か
第3章 「エイリアン」―無意識の闇
第4章 「ジュラシック・パーク」―主体と客体の逆転劇
第5章 「ゴースト」―ゴーストは他者か
第6章 「マトリックス」―世界は仮想世界か
第7章 「サラマンダー」―知性対本能

著者等紹介

竹原弘[タケハラヒロシ]
1947年徳島県に生まれる。1972年早稲田大学文学部哲学科卒業。1975年早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程卒業。1979年大正大学大学院文学研究科哲学専攻博士課程満期退学。徳山大学教授を経て、四国大学文学部教授。専門は西洋哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

mittsko

4
ジャケ買い。米娯楽映画を「手掛かりにして、哲学的な問題にアプローチする」「映画の中に哲学の題材を探して、それを私なりに哲学的に深めることを目的とした」本だとある。本論最初は「映画の本質は時間性」というテーゼを示す総論。六つの各論は、『タイタニック』をハイデガーから、『エイリアン』をハイデガーとフロイトから、『ジュラシック・パーク』をフーコーから、『ゴースト』をフッサールとサルトルから、『マトリックス』をフッサールから、『サラマンダー』をベルクソンから、それぞれ読み解く。ボクが読みたいものじゃなかった、残念2018/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/178487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。