芸術とその対象

個数:

芸術とその対象

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年08月12日 18時45分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766426847
  • NDC分類 701.1
  • Cコード C3010

内容説明

何が芸術作品を定義し、何が作品にたいするわれわれの反応を決定するのか?最も影響力のある20世紀美学の古典的名著。

目次

芸術とその対象
補足論文(芸術の制度理論;芸術作品の同一性の規準は美的に関与的か;物的対象仮説についての覚書;回復としての批評;“として見ること”、“の内に見ること”、および絵画的再現;芸術と評価)

著者等紹介

ウォルハイム,リチャード[ウォルハイム,リチャード] [Wollheim,Richard]
1923~2003年。イギリスの美学者、哲学者

松尾大[マツオヒロシ]
1949年生まれ。東京藝術大学名誉教授。専門は美学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代美学の源流

何が芸術作品を定義し、何が作品にたいするわれわれの反応を決定するのか?

最も影響力のある20世紀美学の古典的名著



再現や表現、意図の意味など、美学の基本問題について現在の定説を基礎づけた1968年刊行のロングセラー。

芸術作品を哲学的に考察し、文化や社会においてそれらがどのような役割を果たしているか明らかにする。本書の深い洞察は、美学概論として今もなお多大な影響を与えつづけている。