フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

個数:

フーコーの後で―統治性・セキュリティ・闘争

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月18日 12時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766414042
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

コレージュ・ド・フランス講義録を媒介に、1970年代後半のフーコーの問題系にフォーカス。気鋭の論客たちがフーコーを読み、使いまわし、今日の社会・世界に向かう新たな視座を提示する。

目次

1 統治性(戦争から統治へ―コレージュ・ド・フランス講義;インセンティヴとは何か?)
2 セキュリティ(“生存”から“生命”へ―社会を管理する二つの装置;グローバルな統治性)
3 闘争(イスラーム的統治は存在しない―フーコーのイラン革命論と対抗導き;革命と野蛮と、これがスローガンだ!―『「社会を防衛しなければならない」』を使うために)
フーコー・ファンク・犬(インタビュー)