数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

個数:

数学が苦手な人のための多変量解析ガイド―調査データのまとめかた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月02日 01時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 174p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761003913
  • NDC分類 417

内容説明

多変量解析は、調査データの整理・分析にあたって、現在もっとも有効な統計処理の方法であるが、数学を苦手とする人にとっては、何となくなじめない代物でもあった。本書は、とかく数学が苦手だといわれる社会・行動科学系の人たち、医学、看護学、保健・衛生学、教育学などの領域の人たちのために書かれた多変量解析の案内書であり、例題を通して、数式なしで、多変量解析の使いかたを学べるように、やさしく解説している。

目次

1 変数の数が多いとき―多変量解析(多変量解析とは何か;相関係数;モデルの重要性;フローチャート―多変量解析の選びかた)
2 星印の魔力―統計的検定
3 予測と説明―従属変数が量的データのとき(独立変数も量的データのとき;独立変数が質的データのとき)
4 2群の判別―従属変数が2値のとき(独立変数が量的データのとキ;独立変数が質的データのとき)
5 内的構造の分析―従属変数がないとき(量的データのとき;質的データのとき;因子得点、サンプル・スコアの利用;ケースの分類―Qモード)