ハルキ文庫 時代小説文庫<br> 十手長屋物語〈2〉

個数:

ハルキ文庫 時代小説文庫
十手長屋物語〈2〉

  • 提携先に46冊在庫がございます。(2019年05月24日 05時59分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758442480
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

浅草の「どろぼう長屋」で呑気に暮らしはじめた岡っ引きの六兵衛。損料屋の箱入り娘と夫婦になったはずなのに、嫁は何やかやと理由をつけて実家から戻ってこない。鬱々とした日々を送るなか、長屋では見掛けぬ艶やかな女が訪ねてきて、六兵衛が目を奪われているあいだに嫁の持参金二百両を盗まれてしまう。厳格な義父に叱られまいかびくびくしていると、一度は捕まったはずの白狐の一味がふたたび現れたという噂を耳にする。金持ちばかりを狙う貧乏人の味方、世直し大明神と呼ばれる白狐の正体とは…。情に厚い六兵衛が、世の理不尽に立ち向かう!傑作捕物帳、第二巻。

著者等紹介

坂岡真[サカオカシン]
1961年新潟県生まれ。11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。緻密な構成力に、迫力のある剣戟と人間の濃やかな心の機微を併せもつ筆致で、多くの読者を魅了している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。