ハルキ文庫<br> 鬼花火―死なない男・同心野火陣内

個数:

ハルキ文庫
鬼花火―死なない男・同心野火陣内

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 18時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 303p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758438001
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

馬喰町の呉服店・伊勢屋で盗っ人が捕まった。やけに冷静な番頭に案内された同心・野火陣内は、十人もの盗賊団を店の者が一網打尽にしたと知り驚く。奉公人に化けた引込役を潜り込ませ、周到に事に及んだ一味だが、相手が悪かった。伊勢屋は警備万全、蔵に落とし穴まで掘る抜かりのなさだったのだ。だが一難去ってまた一難。捕らえた引込役から「同じように店を探る何者かがいた」と聞いた陣内。一筋縄ではいかぬ事件の予感に、娘の茜を女中として送り込み、大店に隠れた悪を焙り出すことに―(「第一話 大鴉」より)。型破りな同心が活躍する痛快時代小説、待望の第九弾!

著者等紹介

和久田正明[ワクダマサアキ]
1945年静岡県生まれ。テレビ時代劇の脚本を数多く手がけた後、現在では時代小説の執筆に専念している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。