ハルキ文庫<br> 八朔の雪 - みをつくし料理帖

個数:

ハルキ文庫
八朔の雪 - みをつくし料理帖

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 271p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784758434034
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大阪と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!

この商品が入っている本棚

1 ~ 7件/全7件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

1593
話題作で気になってはいたが時代小説はチャンバラのあるものに手を出しがちなので読むのが遅くなった。定番のところをちゃんと押さえた面白さ。多少のぎごちなさ文章の固さはあるが後半になるにつれ解消されてるように思うのでシリーズとして期待できる内容。ベタすぎる展開は厚みを削ぐが逆に考えれば大衆性があるとも言える。2012/09/23

zero1

1205
厚い雲の向こうに青空が?上方から江戸に来た料理人の澪。病身の元女将、芳を抱えつつ店の再建を託された。人気シリーズを再読。文化の違いや他店の妨害など、澪には試練ばかり。だが負けず嫌いな澪には才能があった。澪を見守る種市や澪に厳しい意見を述べる小松原、医師の源斉、伊佐三やおりょう、又次など脇役も多彩。旭日昇天の友はどこに?再読でも泣けるし茶碗蒸しや酒粕汁など実に美味しそう。巻末にレシピあり。時代小説が苦手な人にこそ読んでほしい。高田は父娘で山本周五郎のファンだった。山本の人情エッセンスを継承している。2019/04/02

seacalf

1164
誰もが願い、誰もが追い求める『幸せ』。人それぞれに考え方や生き方が違うのは当然で、自分が求めるものも違うのだけど、この物語にはそれを超越した幸せのかたちが描かれている。字面を追うだけで熱い涙がはらはらと流れ、こみあげる幸福感に満面の笑顔にさせられる。もはや魔法か?まとめて11冊手に入ったので今更ながら読んだが、こいつはとんでもない。尋常ならざる面白さ。澪をはじめ、主要な面々の真っ直ぐな姿が清々しいこと。ええい、まどるっこしい。四の五の言わずにとにかく読んでみてくれいと江戸っ子の種市調で言いたくなる。2017/10/18

扉のこちら側

1104
初読。評判に惹かれて。両親を亡くした餓えた澪の描写に、ピンポン玉サイズのおにぎり一日一個で生き延びた震災の頃を思い出してしまった。読了すると、誰かの美味しい手料理が食べたくなる。あさひ太夫の正体は予想通り。続巻が楽しみ。2012/06/17

kishikan

995
今年もあと数週間という時に、とても良い本に巡り会えました。時代物で料理話もと言えば「鬼平犯科帖」。でも鬼平が食べ物を従とした話であれば、こちらの「みをつくし」は料理人が主役。でも、決して物語が従の添え物ではありません。タイトル作「八朔の雪」他3編、茶碗蒸しなど各編の料理にも心惹かれますが、江戸時代に生きる町人の人情にも心打たれます。それに、主人公の澪ちゃんの大坂人根性とやさしさに声援を送りたくたくなってしまいます。つる屋の今後、小松原さんの謎、佐兵衛の行方が気になります。続作を読むのが非常に楽しみです。2011/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580512

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。