北斗の邦へ翔べ

個数:

北斗の邦へ翔べ

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年01月22日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 384p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784758413893
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

松前家中の少年、春山伸輔は、尊皇攘夷に与しなかったことで落ちぶれてしまった家名を復権させるべく、箱館の遊軍隊と合流。
榎本軍への撹乱活動を行っていた。
一方、新選組副長だった土方歳三は、蝦夷地にできた箱館政府において陸軍奉行並となっていた。
市中の混乱を収めつつ、近藤勇らと夢見た国盗りを、再びこの地で実現させようとしていた。
薬売りに変じて市中見廻りに出ていた土方歳三は、撹乱活動中だった伸輔と偶然にも知り合うことになる。
互いの正体を知らないままに、知遇を得た二人。
だが激化する戦いが、やがて二人の運命を切り裂いていく。

内容説明

松前家中の少年、春山伸輔は家名を復権させるべく、新政府の遊軍隊と合流。榎本軍への反乱活動を行っていた。一方、新撰組の土方歳三は、かつて近藤勇らと夢見た国盗りを、箱館政府によって実現させようとしていた。相反する二人の運命の出会いを圧倒的スケールで描く歴史小説の登場!

著者等紹介

谷津矢車[ヤツヤグルマ]
1986年東京都生まれ。駒澤大学文学部歴史学科考古学専攻卒。2012年「蒲生の記」で第18回歴史群像大賞優秀賞受賞。2013年『洛中洛外画狂伝 狩野永徳』でデビュー。著書に第7回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞した『おもちゃ絵芳藤』などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

61
時は明治元年、舞台は箱館。榎本軍と薩長政府による戦に翻弄される少年・春山伸輔と土方歳三の物語。歴史小説を読む度に思う事がある。史実って真実なのだろか?証人はいないし、立場が違えば善も悪、その逆も然り。谷津矢車作品はそんな私の胸の内を満たしてくれる。こうだったかも、こんな気持ちや思いだったかもと楽しい空想が止まらない。今作で一番のお気に入りは逃げる伸輔の前に立ちはだかる敵、敵、敵。そして己の居場所について苦悩する土方歳三の格好良さ。武士の忠から何にも縛られない自由を少しづつ知り成長する伸輔の姿も良い。2021/12/13

ポチ

49
函館での土方と元松前藩士伸輔の、其々の視点での話。土方歳三はやっぱり土方歳三だったなぁ。2022/01/02

Die-Go

40
図書館本。新選組副長土方歳三と、箱館で彼に敵対する旧松前藩士春山伸輔の物語。彼らの邂逅は箱館戦争の激流に翻弄されつつ、その運命を収束させていく。土方歳三はステレオタイプな感じであり、そこまで独創的ではなかったものの、こういう箱館戦争ものもありかなと思わせる。★★★☆☆2022/01/15

サケ太

17
良い話。舞台は函館。松前藩に属していた春山伸輔。榎本たちの元で活動する土方歳三。この二人の視点で進む、函館を巡る物語。若く、武士としての矜持を信じる伸輔。仲間を喪いつつ、函館まで辿り着きつつも、かつてと同じく箱館市中取締を行う土方。二人のあり方の対比、伸輔の変化。土方歳三が良い味だしてて良かった。2021/12/01

nori_sugida

6
お互いに身分を隠して出会う土方歳三と少年春山伸輔。 様々な人の思惑が絡み合う。 ふたりは時代に翻弄されながら己の居場所を探していたのかもしれない。 土方の「もう尻をまくることはできない。夢は叶わない。俺は何をすればいい?」 己に向けた問答が悲しい。 死に場所に探した土方、背負ったものが大きすぎた。 伸輔に未来を託したということか。 史実の裏にこんな物語があっても面白い。😊2021/12/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18939580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。