コバルト文庫<br> 黒鍵―赤の神紋

電子版価格 ¥517
  • 電書あり

コバルト文庫
黒鍵―赤の神紋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 270p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784086004404
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大学在学中にデビューした新進作家の連城響生。味のある作風を評価されていたが自分の殻を破れない。運命に導かれるように出会った劇作家榛原憂月の舞台が響生を変えてゆく。榛原の世界に熱狂し翻弄される響生。自らの作風も変わり気がつくと榛原の模倣作家に…。絶望の淵に落ちた響生は友人奥田の励ましで戯曲を書き始める。若き日の響生の姿、原点を描く「赤の神紋」サイドストーリー。

著者等紹介

桑原水菜[クワバラミズナ]
9月23日千葉県生まれ。中央大学文学部史学科卒業。1989年下期コバルト読者大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

13
榛原という劇薬の洗礼を浴び、模倣作家として認識され、自我と影響の地獄を味わい、自分しか表現できないことという希望の綱も断たれた連城。それでも苦しみを理解し、連城という自我を肯定して手を差し伸べつづけた奥田さんという親友を持てて連城は本当に果報者だと思います。時々、「ファイアフライ」や本編と重なるのが切ない。容赦なく、突き落とす世界に挑み、肉薄し、何者にもなれないと苦しんだクラディウスが「赤の神紋」に込められた思いを悟ったことでクラディウスの言葉を聞き入れたオーギュストが生まれるのはこの先のことだった。2012/07/18

tomino

3
ヒビキはマゾ(*´艸`*)みんなセイシューンしてるー(*ノェノ)キャー。奥田いいやつなのは知ってたwそのまま9章入ります。2017/12/07

末森咲夜

3
今の連城響があるためには勿論ケイの存在は必須なんだけど奥田さんの存在が大きいんだなぁ、と思いました。皮肉な運命の出会い、そして自分の言葉を求めて足掻く姿、取り戻したかと思いきやあのラスト!面白かったです。だけど一番好きなのは響の脚本アイデアから奥田さんが演出プランを考えて行く過程かな。榛原の芝居も見てみたいけど、たぶん私は「飛行帝国」の芝居の方が好きそうです。【0図書館蔵書】2009/08/10

織葉

3
判っていたけど奥田がすっごいいい人で、こんな人が親友な連城が羨ましすぎる!!!2009/07/14

たろさ

2
連城がいかにして、榛原と出会い、熱狂し、愛しながら、憎むようになるまで。ラストは前巻のラストに繋がっていきます。才能があったばかりに、もろに影響をかぶってしまったんでしょうね。話を創り出す、舞台を生み出す、その困難さが描かれている。この「赤の神紋」は作中劇もあるので、一気に読まないと、わからなくなりそうで。2018/11/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/427040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。