ファミ通文庫<br> うさ恋。〈4〉泣かせて、ゴメン。

  • ポイントキャンペーン

ファミ通文庫
うさ恋。〈4〉泣かせて、ゴメン。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 249p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784757723900
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

月森の護衛のキラキラ七人組が実は全員みい姉狙いだったことが発覚!? 闇鳥やプリンス四号まで加わって大混乱…って、それでどうして、オレと月森がつきあうことになるんだよっ!?そんなとき闇鳥が「月森真雪はいずれきみを裏切りますよ」と言い出して―どういうことだよ、先生!? かぐや姫が悪霊になったという伝説、オレと月森が揃って見た夢、…一体、何が起ころうとしてるんだ!?奇想天外、地球規模ハートフルラブコメ、急展開の第4弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きりひと

7
★★☆☆☆ 女の子と男の子の持つ恋の違いってなんだろう。到底255文字では収まりきらない「それ」の表現が、やはり野村さんを含めた女性作家の皆様は巧みだ。男性のラノベ作家は、「それ」を表現するために、萌えを主体とした「外面的」な技法、つまりは「行動」に着眼された「直接的」な技法を多く用いられているように個人的には思っているのだけれど、女性の作家は、登場人物の相関関係、ひいては登場人物個人の「内面」にメスを入れた、機微な「心情」の変化に焦点を当てた「間接的」な技法を用いて、それらを巧みに描いているように思う。2013/12/14

た〜

3
相変わらず荒唐無稽のドタバタ、と思っていたら途中からにわかに展開が変わってきていよいよ話しの本質に突入した感じ。ところでこの三角関係はどう納めればハッピーエンドになるのだろう?2014/10/18

結城あすか

2
海央子お姉ちゃんの航平離れのための真雪との偽装恋人宣言パレードとか、かぐや姫の知られていない伝説とか、割りと平穏な話で中盤まで続き、さり気無く伏線だけ張って次巻に続くってとこかと思ったら……ラストの土壇場で急展開かにょ。ま、露骨にライバルですよっていう幼馴染がいるんだから予想されうる話だけど、いったいどう始末付けるんだろうかにょ?2011/01/11

ななみん

1
3冊目まではローティーン向けっぽい展開でしたが、ちょっとだけどろどろしてきました。 竹取物語ベースのお話ってなんか悲劇にしやすいのかな? のこり1冊になって、このまま感想なしのままおわらせようかなーっておもってましたが。 これまでの3冊を我慢(?)してきたかいがありました。 いいとしこいたオッサンが読むにはイラストがちょいとアレですが。 次巻もどろどろとした展開を希望しつつも、きちんとしたハッピーな終末を迎えられる事を期待してます。2011/01/28

シュタインズ

1
なかなか面白くなってきた。最後はハッピーエンドになってほしい。2011/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/542208

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。