研究叢書<br> 平安朝の歳時と文学

個数:
  • ポイントキャンペーン

研究叢書
平安朝の歳時と文学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年12月19日 14時15分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 416p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784757608900
  • NDC分類 910.23
  • Cコード C3395

内容説明

平安時代の年中行事を知ることは、当時の文学を理解する上で重要である。行事について知ろうとする上で不可欠なのは、中国文化がどう関わっているかである。その中で浮かび上がって来る問題に、菅原氏の果たした役割、定着した行事の変遷、文学作品が行事をどのように描いているかがある。本書は、日本・中国の諸資料を読解しつつ検討した結果の報告である。文学・歴史のみならず、当時の文化全般について、新たな知見を提示することとなろう。

目次

第1部 菅原氏と年中行事(菅原氏と年中行事―寒食・八月十五夜・九月尽;是善から道真へ―菅原氏の年中行事;寛平期の年中行事の一面;菅原道真と九月尽日の宴)
第2部 年中行事の変遷(子の日の行事の変遷;寛平期の三月三日の宴;五月五日とあやめ草;重陽節会の変遷―節会の詔勅・奏類をめぐって)
第3部 歳時と文学(『土佐日記』の正月行事―「屠蘇・白散」をめぐって;武智麻呂伝の「釈奠文」―本文批判と『王勃集』受容;『伊勢物語』の三月尽;老鴬と鴬の老い声;花散里と『白氏文集』の納涼詩;『更級日記』の七夕歌;大江匡衡の八月十五夜の詩;『源氏物語』の九月尽―光源氏と空蝉の別れ;『古今集』の歳除歌と『白氏文集』;『躬恒集』の追儺歌;大江匡衡「除夜作」とその周辺)

著者等紹介

北山円正[キタヤマミツマサ]
1953年大阪府生まれ。龍谷大学大学院修了。大阪府立高校教諭を経て、神戸女子大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

平安時代の行事の内容や意義を、日中の文学・史料から検討し、年中行事や季節の風物が文学作品にどう現れているのかを明らかにする。平安文学と向きあうに当たって、年中行事や四季の風物とのかかわりを考えることは重要な意義を持つ。平安時代の年中行事に中国文化がどう関わっているのか、菅原氏はどのような役割を果たしたのか、定着した行事はどのように変遷したのか、文学作品は行事をどのように描いているのか、これらの問題を日本・中国の諸資料を読解しつつ検討した。文学・歴史のみならず、当時の文化全般について、新たな知見を提示する。

はじめに
第一部 菅原氏と年中行事
1 菅原氏と年中行事―寒食・八月十五夜・九月尽―
2 是善から道真へ─菅原氏の年中行事─
3 寛平期の年中行事の一面
4 菅原道真と九月尽日の宴

第二部 年中行事の変遷
1 子の日の行事の変遷
2 寛平期の三月三日の宴
3 五月五日とあやめ草
4 重陽節会の変遷─節会の詔勅・奏類をめぐって─

第三部 歳時と文学
1 『土左日記』の正月行事─「屠蘇・白散」をめぐって─
2 武智麻呂伝の「釈奠文」―本文批判と『王勃集』受容―
3 『伊勢物語』の三月尽
4 老鶯と鶯の老い声
5 花散里と『白氏文集』の納涼詩
6 『更級日記』の七夕歌
7 大江匡衡の八月十五夜の詩
8 『源氏物語』の九月尽―光源氏と空?の別れ―
9 『古今集』の歳除歌と『白氏文集』
10 『躬恒集』の追儺歌
11 大江匡衡「除夜作」とその周辺
索引(人名・書名・作品名・和歌)
初出一覧
あとがき

北山円正[キタヤマミツマサ]
著・文・その他