失われた国家の富―タックス・ヘイブンの経済学

個数:

失われた国家の富―タックス・ヘイブンの経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月26日 14時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757123434
  • NDC分類 345.1

目次

タックス・ヘイブンに対して行動を起こそう(解決策は存在する;タックス・ヘイブンとの戦いに要するコスト ほか)
第1章 オフショア金融の時代(タックス・ヘイブンの誕生;タックス・ヘイブンを利用する脱税のからくり ほか)
第2章 失われた国富(家計の金融資産の8%;ルクセンブルクという深淵 ほか)
第3章 避けるべきミス(租税情報交換協定の誕生;「オンデマンド型」租税情報交換という茶番 ほか)
第4章 何をなすべきか―新たなアプローチ(金融制裁、貿易制裁;正当化でき、実現性のある制裁 ほか)

著者紹介

ズックマン,ガブリエル[ズックマン,ガブリエル] [Zucman,Gabriel]
1986年パリ生まれ。2013年、パリ経済学校でトマ・ピケティのもと博士号(経済学)を取得。カリフォルニア大学バークレー校研究員を経て、2014年からロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの准教授に就任。専門はグローバルな富の蓄積と再分配、公共ファイナンス

林昌宏[ハヤシマサヒロ]
1965年生まれ。立命館大学経済学部卒業。翻訳家

渡辺智之[ワタナベサトシ]
1957年生まれ。一橋大学大学院経済学研究科教授。東京大学経済学部卒業。プリンストン大学Ph.D.(経済学)。IMFエコノミスト、財務省主税局企画官、中央大学教授等を経て、2005年より現職。OECD租税委員会第9作業部会副議長、一橋大学国際・公共政策大学院院長等を歴任。専門は租税論・法と経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

タックス・ヘイブンと戦う方法について最良の書を著した。必読書である――トマ・ピケティ

グローバル資本主義の暗部「タックス・ヘイブン」。近年、先進国の協調による包囲網が敷かれているとはいえ、巨額な資金が税金逃れを目的に依然として流れ込んでいる。まだ20代の若手経済学者によって書かれた本書は、タックス・ヘイブンの実体を経済学的手法により、客観的に計測、現在の対策を検証し、そして未来のグローバルな課税対策を提案する。

イントロダクション
 タックス・ヘイブンに対して行動を起こそう

第1章 オフショア金融の時代
 タックス・ヘイブンの誕生
 タックス・ヘイブンとしてのスイスの黄金時代
 ヴァージン諸島、スイス、ルクセンブルグという魔の三角地帯

第2章 国家の失われた富
 世帯の金融資産の8%
 ルクセンブルグという奈落の底
 千三百億ユーロの税収の喪失
 フランスの場合

第3章 避けるべきミス
 自動的情報交換システムの誕生
 カユザック予算相の脱税事件からの教訓
 外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に期待できること
 EU貯蓄課税指令の大失敗

第4章 何をなすべきか。新たなアプローチ
 金融制裁、貿易制裁
 正当化できて現実的な制裁
 制裁関税率計画を作成する
 ルクセンブルグ:これからまだ伸びるのか
 世界的な金融資産台帳の実現に向けて
 資本に対する課税
 多国籍企業の会計操作
 21世紀社会の租税

解説
 タックス・ヘイブン入門
 本書の位置付け
 日本人にとってのタックス・ヘイブン

【著者紹介】
1986年パリ生まれ。LSE准教授。トマ・ピケティの教え子。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件