叢書コムニス
コミュニケーションするロボットは創れるか―記号創発システムへの構成論的アプローチ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 249,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757102835
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C0030

内容説明

新たなアプローチで、人間知能の本質に迫る。ロボットを人間に近づけていく探求から、これまでなかったコミュニケーション理解の地平を開く。

目次

第1章 コミュニケーションする機械
第2章 自律ロボットと概念
第3章 シェマモデル
第4章 行動創発
第5章 コミュニケーションと自律適応系
第6章 記号過程の創発
第7章 記号創発システム論

著者等紹介

谷口忠大[タニグチタダヒロ]
1978年、京都市生まれ。京都大学工学部物理工学科卒業。2006年、同大学院工学研究科博士課程修了。京都大学・博士(工学)。2005年、日本学術振興会特別研究員。2008年、立命館大学情報理工学部助教、2010年4月より同准教授。2008年6月から情報通信研究機構客員研究員を兼務。個体と組織における記号過程や創発システムの計算論的な理解、共生社会に向けた知能情報学技術の応用研究などについての研究・開発に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。