ベスト新書<br> 残念な人の口ぐせ

電子版価格 ¥896
  • 電書あり

ベスト新書
残念な人の口ぐせ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125496
  • NDC分類 336.04
  • Cコード C0230

目次

第1章 問題解決ができない残念な人編
第2章 視野が狭く想像力がない残念な人編
第3章 決断も実行もできない残念な人編
第4章 マネジメント能力がイマイチな残念な人編
第5章 誠実さに欠ける残念な人編
第6章 協調性ナシの残念な人編

著者等紹介

山崎将志[ヤマザキマサシ]
ビジネスコンサルタント。1971年愛知県生まれ。1994年東京大学経済学部経営学科卒業。同年アクセンチュア入社。2003年にアクセンチュアを退社し独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

totuboy

2
仕事がすごくできる人からすると、こういう何気なく出てくる口ぐせが気になるんだろうな、と思う。一方で著者の言う通り、そういう言葉が出てきてしまう背景を考えると、自分も注意しなきゃと思えた。2017/05/03

ponte

1
良い本だった。以下備忘録。 ・うまくいっている人は、どうでもいいことには目をつぶる。 ・できない人は、できない原因を自分で解明し、その対策を実行できないからできないのである。できる人は、もとから何でもできるのではなく、できないことをできるようにするやり方が確立されているのである。 ・仕事の世界で「期待したもの」出すのはむつかしい。それは、仕事には正解というものがないからだ。 ・仕事を任せることが下手な上司は、仕事を依頼するにあたっての「考え方」の共有が欠けている。2017/06/17

幸福堂

1
人の振り見て我が振り直せ。自らの残念さを自戒する意味でも本質を理解しなければならないと感じた。 DE:172017/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11707046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。