大倒産時代の会社にお金が残る経営

個数:
  • ポイントキャンペーン

大倒産時代の会社にお金が残る経営

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784756920386
  • NDC分類 336.82
  • Cコード C0034

内容説明

こんな社長は会社をつぶしかねない!節税対策を熱心に行っている手段に追われ、目的を見失っている、損か得かで経営判断をしている、税理士に言いなりになり、会社の数字を見ていない、銀行の融資担当者に主導権をとられている、などなど。財務的側面と法律的側面で、あなたの会社がとるべき戦略が見えてくる!

目次

破産する会社はどんな会社で、その経営者はどんな人か?
経営者にとっての決算書の基本
自分の会社も取引先も、決算書でチェックすべきところ
経営者自身と経営の現状把握
会社はなぜ倒産するか
貸借対照表と損益計算書の関係性の基本
あまりよく見ていなかった貸借対照表の簡単な読み方
キャッシュの大きさを測る―当座比率
利益の大きさを測る―自己資本比率
してもいい設備投資と借入金
損益計算書と変動損益計算書の読み方
会社を潰さない売上高―損益分岐点分析
経営者がコントロールできるか―社員給与配分率
一人当たり限界利益―労働生産性
キャッシュを増やして100年企業になる経営の特徴
対談 倒産しない会社に、もっともっと、なっていただくために

著者等紹介

曽根康正[ソネヤスマサ]
昭和34年6月8日岐阜県多治見市生まれ。昭和57年慶應義塾大学商学部卒業後、公認会計士試験に合格。昭和64年曽根公認会計士事務所を開業し、平成19年SMC税理士法人代表社員に就任。現在はSMCグループ(SMC税理士法、(株)SMCホールディングス、(株)SMC総研など)代表として活躍している

白木智巳[シラキトモミ]
昭和45年12月16日大阪府豊中市生まれ。平成6年同志社大学経済学部卒業後、平成12年司法試験合格。平成22年白木法律事務所(現ロータックス法律会計事務所)を開設し、平成24年近畿税理士会へ税理士登録(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。