ペルソナ概念の歴史的形成―古代よりカント以前まで

個数:

ペルソナ概念の歴史的形成―古代よりカント以前まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月14日 05時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784753102808
  • NDC分類 130.4
  • Cコード C3012

内容説明

近代の“理性的存在者”の基礎づけ。“ペルソナ”という語の歴史的伝統の中からどのように人格概念が育まれてきたか?古代からカントに至るまでのその足跡を豊饒な学識でたどる。

目次

第1章 古代ローマにおけるペルソナ概念の形成
第2章 キリスト教及びその伝統におけるペルソナ概念
第3章 中世スコラ哲学におけるペルソナ概念の解明
第4章 宗教改革者ルターにおける信仰とペルソナの問題
第5章 近世合理論哲学におけるペルソナ概念の解明
第6章 近世経験論哲学におけるペルソナ概念の解明
第7章 ドイツ啓蒙哲学におけるペルソナ概念の解明

著者等紹介

小倉貞秀[オグラサダヒデ]
1922年生まれ。1947年広島文理大卒。広島大学名誉教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。