四季の献立 料理屋の茶懐石料理 (新装普及版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 455p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784751107539
  • NDC分類 596.21
  • Cコード C2077

目次

炉の懐石の章(懐石ごよみ・十一月―「口切り」「開炉」の茶事、茶席の点心仕立てのこと;懐石ごよみ・十二月―懐石に流れる「陰陽」の考え方と料理の勘所 ほか)
風炉の懐石の章(懐石ごよみ・五月―「燗鍋」、「預け徳利と石盃」と懐石のお酒;懐石ごよみ・六月―茶の湯の「茶碗」と「萩焼」の話 ほか)
「稽古、すし・そば懐石」と「懐石の器」の章(懐石ごよみ・学び月―「稽古の懐石」の献立集;精選・懐石の器)
『料理屋の茶懐石料理』の調理集の章(“四季の茶懐石献立”の料理の作り方;炉の懐石の章の料理 ほか)

著者等紹介

志の島忠[シノジマチュウ]
昭和3年生まれ。家系は代々京都御所、水戸徳川家の料理方。維新後、五代目にあたる著者の祖父が水戸で料理茶屋を創業し、後に京都に移る。幼時より祖父、および父から料理の手ほどきを受ける。父の早世、祖父没後は料亭を廃業。東京芸大で日本画を学び、在学中の一時志の島忠(しのじまちゅう)の号で歌舞伎の舞台美術に携わるが、昭和40年頃より再び料理の道に戻り、東京中野において“志の島忠懐石料亭料理研究所”を主宰し、研究および後進の指導にあたる。その一方、各種出版活動にも意欲的に取り組む。平成13年7月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。