レクチャー 現代ジャーナリズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

レクチャー 現代ジャーナリズム

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 298p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784657130075
  • NDC分類 070
  • Cコード C1036

内容説明

ジャーナリズムの思想と制度がいま直面する厳しい課題と困難を直視し多くのジャーナリストの真摯な行動を紹介しつつ豊かな知識の研究者と現場で格闘するジャーナリストが使命達成のための揺るぎない視点を熱く、クリアカットに語りかける。

目次

第1部 ジャーナリズムの現在(ジャーナリストという仕事―何を・誰のために報せるか;戦争とジャーナリズム―戦場=現場で何が起きているか ほか)
第2部 ジャーナリズムの原理と両義的実態(ismとしてのジャーナリズム―観察者の思想;ジャーナリズムの社会思想―市民社会と公共圏 ほか)
第3部 「言論の自由」とジャーナリズム(ジャーナリズム前史―言論の自由を求めた人々;米国のジャーナリズム―理念の制度化と逸脱・改善の歴史 ほか)
第4部 ジャーナリストの倫理(ジャーナリストの倫理とは何か―権力との対峙;ジャーナリストの日常の倫理―「犯罪報道の倫理」と「取材源との関係」 ほか)
第5部 ジャーナリストを生きる(組織の中で、されど「個」として―新聞社と新聞記者;当事者の声と姿に学ぶ―相手の身になって問題意識を磨く ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件