よりみちパン!セ
オヤジ国憲法でいこう!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 169p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784652078136
  • NDC分類 K159
  • Cコード C0330

内容説明

いまどきのヤングよ。キミたちのモンモンとする日常を迎え撃つ、アナーキーな人生のルールを伝えよう。オヤジ叫びを心して聴け。

目次

第1条 個性ハ必要ナシ(「自分忘れ」のススメ;個性は捨てるためにあるものである ほか)
第2条 友達ハ大切ナモノニアラズ(友達となじめないのはあたりまえである;友達とは、寂しさを補うだけのものである ほか)
第3条 恋愛ハロクナモノデナシ(顔は、意外と問題の本質ではない;モテることは異常事態である ほか)
第4条 真理ヤ理想ハ幻想ナリ(「幸せ」は、これを勘違いしている;「若さ」は、これを勘違いしている ほか)
第5条 ヤングノ敵ハ隣室ニアリ(あまり気にしなくても、親はすでに死んでいるのです;過保護からの逃れ方 ほか)
オヤジ国憲法補則

著者等紹介

しりあがり寿[シリアガリコトブキ]
1958年、静岡県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業、大手ビール会社に入社するとともに、単行本『エレキな春』(白泉社)で漫画家としてデビュー。以後、次々に作品を発表して漫画家として独立。2001年に『弥次喜多 in DEEP』(エンターブレイン)で第5回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞。シュールな笑いの果てにある「リアル」と「エクスタシー」を日々求めながら、エッセイや芝居、小説やゲーム作りなど多岐にわたって活躍中

祖父江慎[ソブエシン]
1959年、愛知県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科を中退後、グラフィックデザイナー、アート・ディレクターとして活躍しながら、現在、コズフィッシュ代表。すべての印刷されたものに対する並はずれた「うっとり力」をもって、日本のブックデザインの最前線で、小説、漫画、絵本、写真集など幅広いジャンルを手がけている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちさと

28
緩~く楽しく学ぶ青少年版内田先生の教えって感じで、思春期にはぐるぐる考えてしまうであろう自己とか、必要善とか、幸せなんかについて肩肘張らず学べる1冊。子供がもう少し大きくなったら薦めたい。例えば、個性は捨てるためにあるという章の一部分。「オリジナル獲得のためにキリキリ舞するよりも、まずは先人を見習うとか。それで謹んで真似させてもらうとか。」生まれたときからみんな個性的ですからね。うまく生きていくための処世術とも言える本でした。2019/02/13

あかくま

20
NHKラジオの番組『すっぴん!』で高橋源一郎さんが取り上げていらした一冊。 面白かった。すでに「ヤング」って言葉自体が死語ではないかと思うのだが、ヤングたちのありがちな、しかし切羽詰まった悩みに「え?それでいいの?」という意外な切り口で迫る。曰く「友達は大事なものに非ず」とか、「自分の傷に鈍感になるべし」とか。ヤングが読んだら、何か気が楽になりそうな。しかしまあ、実は親世代が読んで「そうそう、そうだったよね、若いってめんどくさいよな」ってことを思い出して、めんどくさい我が子に対応するのに役立つのかも。2014/09/28

しおり

8
引き出しの多い方だなあ。スパッとした口調で、個性は必要ないとか、友達は大切なものにあらず、と語るのでドキドキしたけど、いちいち納得な内容だった。ヤングではないけどこれは為になる。自分忘れをしよう。相手が反論できない言葉は使わないようにしよう。苦手な人がいたらこういう人もいるんだと傍観しよう。オヤジさんマジ尊敬ッス。2014/07/08

しげ

8
学校は「世の中にはいろんな人間がいる」というワクチンを打たれに行く場所、という言葉に「なるほどー!」と思いました。 家族はいつか解散する、という話にはうるっときてしまいました…。2013/01/17

しおり

6
図書館に返すまえに再読。こういう大人に、いや、おやじになりたい。2014/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20871

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。