武蔵国・新羅郡の時代―朝霞市・志木市・新座市・和光市の古代遺跡をめぐる

個数:

武蔵国・新羅郡の時代―朝霞市・志木市・新座市・和光市の古代遺跡をめぐる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 14時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784639028109
  • NDC分類 213.4
  • Cコード C0021

内容説明

新羅郡はどこにあったのか?『続日本紀』に記された「新羅郡」は、位置・範囲・実態ともに謎に包まれている。朝霞市・志木市・新座市・和光市の四市に残された主な古代の遺跡を取り上げ、「新羅郡」の謎にせまる。四市や周辺の古代の様相がみえてきた。

目次

第1章 武蔵国新羅郡誕生の歴史的背景について
第2章 内からみた新羅郡(新羅郡の時代の朝霞市;新羅郡の時代の志木市;新羅郡の時代の新座市;新羅郡の時代の和光市)
第3章 外からみた新羅郡(中武蔵の土器様相―須恵器・土師器から見た新羅郡;高麗郡建郡の背景;幡羅郡と郡家跡)
第4章 討論 新羅郡の時代を探る(新羅郡はどこからどこまで?;新羅郡はどこの郡を分割してできたのか;新羅郡家はどこにあったのか;新羅郡に寺はあったのか;新羅郡に新羅の人々が移住した証拠はあるのか?)

著者等紹介

鈴木一郎[スズキイチロウ]
和光市教育委員会。1961年、神奈川県生まれ。立正大学文学部史学科考古学専攻。1990年より、和光市教育委員会に勤務し、以来30年文化財担当者として、市内の遺跡発掘調査を行う。2018年、「新羅郡の時代を探る」と題した特別展の企画を担当した。専門は、考古学

宮瀧交二[ミヤタキコウジ]
大東文化大学文学部歴史文化学科教授。1961年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士後期課程から、埼玉県立博物館を経て、現職。博士(学術)。専門は、日本史(日本古代史・観光歴史学)、博物館学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。