新・MINERVA福祉ライブラリー<br> 高齢社会の政治経済学―日本の高齢者福祉政策を中心に

個数:

新・MINERVA福祉ライブラリー
高齢社会の政治経済学―日本の高齢者福祉政策を中心に

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2017年10月19日 23時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 389p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623081486
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C3336

内容説明

少子・超高齢社会を迎えたわが国の高齢者をめぐる諸政策はどのように決定されてきたのか―。本書は、戦後日本における高齢者政策に焦点を当てながら、福祉制度における大きな変化をもたらした5つの政策を事例として取り上げ、それらの政策決定過程を「日本型政策形式」と特徴づけて、精細に分析する。

目次

第1部 社会福祉政策の基礎理論(本書の理論的アプローチ;福祉政策決定に関する理論的考察;日本における福祉観の形成とその変遷プロセス)
第2部 高度経済成長期における高齢者福祉政策(1960年代の高齢者福祉と老人福祉法;1970年代の高齢者福祉と老人医療費無料化制度)
第3部 安定成長期における高齢者福祉政策(新保守主義と福祉政策改革の政治過程;高齢化社会と老人保健法;1980年代の高齢者福祉と健康保険法の改正)
第4部 低成長時代における高齢者福祉政策(高齢社会と介護保険法―政策問題としての介護問題;超高齢社会と介護保険法―介護保険法案の成立と制度の問題点)
今後の課題

著者紹介

尹文九[ユンムング]
1962年韓国生まれ。1998年筑波大学社会科学研究科博士課程修了(法学博士)。明和大学大学院行政学科講師を経て、東京福祉大学社会福祉学研究科教授。専攻は社会福祉政策、高齢者福祉論、福祉行政、地域福祉(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

少子・超高齢社会を迎えたわが国の高齢者をめぐる諸政策はどのように決定されてきたのか――。本書は、戦後日本における高齢者政策に焦点を当てながら、福祉制度における大きな変化をもたらした5つの政策を事例として取り上げ、それらの政策決定過程を「日本型政策形成」と特徴づけて、精細に分析する。