危機・不安定性・資本主義―ハイマン・ミンスキーの経済学

個数:

危機・不安定性・資本主義―ハイマン・ミンスキーの経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月26日 03時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784623064625
  • NDC分類 331.253
  • Cコード C3033

内容説明

今、世界経済は世界大恐慌以来の危機のもとにある。危機を防止するのが仕事である中央銀行家や金融当局は、今回の危機を引き起こした「戦犯」の一員である。彼らの失敗を受けて、主流派経済学に対する批判も高まっている。本書はミンスキーの理論に基づき、経済危機の原因を解明するとともに、危機を拡大させた経済理論と政策の誤りを明らかにする。

目次

序章 経済の危機と経済学の危機
第1章 人と経済学
第2章 『ケインズ理論とは何か』
第3章 金融不安定性仮説とサブプライム金融危機
第4章 金融の技術革新と金融不安定性
第5章 大きな政府と大きな中央銀行
第6章 「信認のパラドクス」
第7章 マネー・マネージャー資本主義
第8章 リベラル派のコンセンサス
終章 金融危機は繰り返される

著者等紹介

服部茂幸[ハットリシゲユキ]
1964年大阪府生まれ。1988年京都大学経済学部経済学科卒業。1996年京都大学博士(経済学)。現在、福井県立大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。