ハンドブック 学校ソーシャルワーク演習―実践のための手引き

個数:

ハンドブック 学校ソーシャルワーク演習―実践のための手引き

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623056750
  • NDC分類 371.43
  • Cコード C3036

内容説明

事例から読み解く実践方法。演習授業の展開から、アセスメントの仕方や支援計画の立て方まで。研修時、そして現在のスクールソーシャルワーカー・教員必読。

目次

第1章 学校が抱える課題を知る(子どもの貧困と学校、家庭、地域の課題;学校におけるソーシャルワークへの期待)
第2章 学校ソーシャルワークの支援方法を知る(学校ソーシャルワークの目的;学校ソーシャルワークの支援方法 ほか)
第3章 学校ソーシャルワークによる子どもたちへの支援を考える(不登校の子どもたちへの支援;児童虐待を受けている子どもたちへの支援 ほか)
第4章 学校ソーシャルワークの実践例から学ぶ(事例(1)知的障害の疑いがある不登校児への支援
事例(2)「不登校」の背景に存在する環境への介入事例 ほか)

著者等紹介

門田光司[カドタコウジ]
同志社大学大学院社会福祉学専攻博士後期課程中退。現在、福岡県立大学人間社会学部社会福祉学科教授

鈴木庸裕[スズキノブヒロ]
愛知教育大学大学院修了。現在、福島大学大学院人間発達文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう。

6
演習授業を想定し、アセスメントや支援計画の立て方などを解説しした本となっています。しかし、それだけにとどまらず、子どもの置かれている生活問題は何かということも深く学べるものとなっており、具体的な子どもの置かれている実態からアセスメントや支援計画をどのように立てればいいのかを考えることができます。「学校におけるソーシャルワーク」とは何かを考えることのできる良書だと思います。2014/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1215733
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。