流動化と社会格差

個数:

流動化と社会格差

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 279p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623036073
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C3336

出版社内容情報

【内容】
近代化→流動化→平等化、という因果関係はかつて誰もが疑わない社会変動の図式であった。しかし、今日では厳しい再検討を迫られており、「流動化」「平等化」さえ幻想であったという声も高い。こうした背景をふまえて、第1部では階層、教育、労働、移動という観点から、「流動化」の実態とその社会的帰結について議論する。第2部では社会格差にかかわる社会意識や文化の「流動化(ゆらぎ)」現象をとりあげ、その実態と社会的基盤について検討を加える。

【目次】
はしがき
序 章 流動化と社会格差(原 純輔)
  1 「流動化」とは何か
  2 産業化論と流動化
  3 文化的再生産
  4 本巻の構成
  5 SSM調査について

 第1部 流動化とその社会的帰結
第1章 産業化と階層流動性(原 純輔)
  1 社会階層(階層)とは
  2 戦後日本社会の変容――基礎的平等化の進展
  3 変わらない階層流動性
  4 階層社会のゆくえ
コラム 隣接領域との対話[歴史社会学]
  歴史的視点からみる近代化・流動化・平等化(中村牧子)
   社会の近代化に関する古典的な仮説
   実際の移動からみる近代――そこから読みとれるもの
   移動の見方からみる近代――構造的な流動性・平等性の初発条件
第2章 学歴主義と階層流動性(近藤博之)
  1 高学歴化社会の定義
  2 持続する教育機会の格差
  3 教育による階層再生産
  4 階層意識の変容
  5 21世紀の階層社会
第3章 流動化する労働市場?(平田周一)
  1 ゆれる日本の労働市場
  2 日本の労働市場はユニークなのか
  3 労働市場の流動化の根拠
  4 世代的移動の推移
  5 日本の労働市場は変化しているのか
第4章 地域間移動と地位達成(林 拓也)
  1 地域活動に関わる2つの格差――地域間格差と社会階層
  2 地域間人口移動の諸相と機会の地域間格差
  3 移動と社会階層
  4 移動をめぐる格差のゆくえ――就学移動の増加とその帰結
コラム 隣接領域との対話[教育社会学/教育政策科学]
  教育機会の地域間格差と地域移動
  ――「地域移動」研究の課題についての一考察(秋永雄一)
   社会階層間格差と地域間格差
   教育費負担の地域間格差と地域移動
   地域移動と地域構造の変動

 第2部 ゆらぎとその社会的基盤
第5章 「成り上がり」文化の運命(米澤彰純)
  1 グローバル化とマクドナルド化
  2 文化を捉えるスタンスについて
  3 世代内移動と文化
  4 男性の職業と文化
  5 文化における流動化と社会格差
第6章 「ただしさ」の拡散――彷徨する価値意識(斎藤友里子)
  1 不公平感と第三者性
  2 意識変化の背景
  3 異質性と第三者性
  4 「他者」の顕現と共同体
  5 価値的寛容と共同性のゆらぎ
  6 自由の陥穽・全体主義の陥穽
第7章 ジェンダー秩序の再編成と男女間格差(木村涼子)
  1 ジェンダー秩序の再編成
  2 ジェンダーに関する意識は流動化しているか
  3 「実態」として男女間格差は解消されつつあるか
  4 新たに見出された「格差」の領域
  5 ジェンダー秩序のゆくえ
第8章 漂流する政治意識(小林久高)
  1 新しい政治意識
  2 自律的政治志向の構造と社会的基盤
  3 政治参加と新しい意識
  4 自立と連帯からみた政治参加の様態
  5 依存からの離脱
コラム 隣接領域との対話[経済政策]
  経済格差と政策課題の変遷(太田 清)
   豊かな社会における経済格差――「貧困問題」から「高齢化問題」へ
   高齢化の中での格差――格差の「拡大」は高齢化が原因
   「構造改革」と格差――「経済格差」は構造改革の足かせとなるか
   価値観、ライフスタイルの変化、多様化と格差
   ――格差をめぐる新たな視点
人名索引・事項索引

内容説明

近代化→流動化→平等化、という因果関係は、かつて誰もが疑わない社会変動の図式であった。しかし、今日では厳しい再検討を迫られており、「流動化」「平等化」さえ幻想であったという声も高い。こうした背景をふまえて、第1部では階層、教育、労働、移動という観点から、「流動化」の実態とその社会的帰結について議論する。第2部では、社会格差にかかわる社会意識や文化の「流動化(ゆらぎ)」現象をとりあげ、その実態と社会的基盤について検討を加える。

目次

第1部 流動化とその社会的帰結(産業化と階層流動性;学歴主義と階層流動性;流動化する労働市場?;地域間移動と地位達成)
第2部 ゆらぎとその社会的基盤(「成り上がり」文化の運命;「ただしさ」の拡散―彷徨する価値意識;ジェンダー秩序の再編成と男女間格差;漂流する政治意識)