時間と権力 - 三十年戦争から第三帝国まで

個数:

時間と権力 - 三十年戦争から第三帝国まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 11時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 336p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784622089681
  • NDC分類 234.05
  • Cコード C1022

出版社内容情報

政治権力は歴史性をいかにして作り上げるのか。三十年戦争からナチズムまで、ドイツを支配した四人の権力者から、国家・時間・歴史の関係をみる。過去と国家を切断し、伝統との決別を図った大選帝侯ヴィルヘルム、国家は時代を超越するとして権力を維持したフリードリヒ二世、歴史の偶然性を重視し、政治的決定を際立たせたビスマルク、ナチズムと永遠の時間を直結させ、歴史を拒絶したヒトラー。危機に揺れる今日の政治と歴史を架橋する一書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MUNEKAZ

13
フリードリヒ・ヴィルヘルム、フリードリヒ大王、ビスマルク、そしてナチス。ドイツ史に名を残す4つの権力の、歴史と時間に関する捉え方を論じた一冊。初っ端で難解な歴史哲学の話が出てきて身構えるが、各論に入れば四者四通りの歴史意識が軽快な筆致で描かれており面白い。「歴史」とは過去から未来に流れる直線的な時間ではなく、それぞれの権力体が自らの意志で描き出す物語であり、一様ではないことがよくわかる。またその裏には、三十年戦争、1848年革命、第一次世界大戦での敗北というトラウマが強く残っていることも印象的であった。2021/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18206330

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。