建築巡礼<br> オーストラリア初期建築探訪―シドニー・ホバート・メルボルン

建築巡礼
オーストラリア初期建築探訪―シドニー・ホバート・メルボルン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 110p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784621047187
  • NDC分類 523.71
  • Cコード C0352

内容説明

本書では、18世紀後半から19世紀半ばにかけての初期植民地時代、20世紀中葉に沸き上がったゴールドラッシュ時代の建築物を紹介しながらオーストラリア建築の歴史を紐解き、オペラハウス、オリンピックスタジアムといった現代建築に至るまで、今日のオーストラリアを形づくった建物をあますところなく紹介。巻末には、70の建物の住所と地図を掲載し、ガイドマップとしても利用できる一冊。

目次

序 オーストラリアが210年で築いたもの
1 ビルド・フロム・ナッシング―流刑囚人自らが作った囚人の町
2 シドニーとシドニー近郊の植民地建築―英国建築文化の移入と展開
3 オーストラリアン・ヴェランダ・ハウス―外部に拡張された内部空間
4 タスマニアの小さな町から―ジェームズ・ブラックバーンの建築
5 ヴィクトリアン・メルボルン―ゴールド・ラッシュが生んだ華やかな建築群
6 オーストラリアの新しい骨格

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

293
オーストラリアにはシドニーに2度行っただけなので(延べ滞在日数は1か月弱)建築物といっても思い浮かべることができるのは、あの独特のスタイルのオペラハウスとロックス(歴史地区)の古い建造物くらいである。本書ではシドニー、タスマニア、メルボルンの古い建物を紹介している。シドニー篇ではロックスとハーバーブリッジ、そして旧総督邸など、平屋もしくは2階建て等の低層建築物が中心であるが、タスマニア篇ではセント・ジョージ教会などの、なかなかに重厚な建物も。一方、メルボルンにはヴィクトリア様式の建物群が残っているようだ。2023/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1904553
  • ご注意事項