リベラル再起動のために

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

リベラル再起動のために

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月04日 07時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 223p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784620323879
  • NDC分類 304
  • Cコード C0036

内容説明

安倍自民への対抗軸を徹底的に問い直す!!政治、経済、憲法、国民生活―いま必要なのは、「底上げする左派」である。

目次

第1章 左派陣営の仕切り直し(民進党の役割;共産党をどう見るか;共産党の変化 ほか)
第2章 国民生活のリアリティ(「日本死ね!!!」ブログの衝撃;三世代同居という幻想;ロスジェネ・サルベージ計画 ほか)
第3章 国家と憲法をめぐって(危うい憲法理解;日本会議の萌芽;「道徳」教科化の影響 ほか)

著者等紹介

北田暁大[キタダアキヒロ]
1971年、神奈川県生まれ。東京大大学院博士課程退学。東京大学教授・社会学。リベラル懇話会委員

白井聡[シライサトシ]
1977年、東京都生まれ。一橋大大学院博士課程単位取得退学。京都精華大学人文学部教員・政治思想。立憲デモクラシーの会呼びかけ人

五野井郁夫[ゴノイイクオ]
1979年、東京都生まれ。東京大大学院博士課程修了。高千穂大学准教授・民主主義論。立憲デモクラシーの会呼びかけ人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

6
肝心の事が書いていない。「民進党」の票の最大の獲得装置は「労働組合」。労働組合のみなさんが「民進党に入れたい」と思う「政策」を展開する。労働組合の役員さんが、「この候補者の為になら死んでも良い」と思える「候補者」を養成する。そして、「労働組合」自体が、「労働者から頼りにされる存在になる事」でしょう。私は、リベラルのつもりですが、思想対立をする以前に、「日本が独立国家の体をなす」事が第一優先であり、当たり前の「防衛権」を取り戻す事、アメリカの属国ではなく自国民の為の政治を取り戻す事が優先と考えます。2016/09/29

樋口佳之

5
変化する共産党の戦術への期待と危惧、世代論みたいな記述があるけど、2000年規約改定、2004年綱領改定への言及がない。規約からの前衛規定の削除、2004年綱領の現行天皇制を含む憲法全条項の擁護と自衛隊の位置確認があるから新しい世代との従来にない戦術の選択が生まれてきているはず。/政党は生身の人間が作る組織だから、文章を変えれば即何かが変わる訳ではないけど、結束の基準となる文章の改定は時間をかけて政党の構成員の中に実質化していく。憲法と国民の関係とも重なる話かも2016/06/19

belalugosi6997

4
北田氏はリベラル、五野井氏はサヨク、白井氏は極左をそれぞれ自認。北田氏は後に「レフト3.0」を、白井氏は永続敗戦&国体論で私の琴線を大きく響かせた。残念ながら経済に関しては白井氏の「属国民主主義」でもみれる経済成長への疑問・否定は弱者救済をないがしろにしている。生活保護等の弱者へは共鳴を呼ぶが、ロスジェネ男子で独身非正規には殊更冷酷なのがエスタブリッシュな左派である。これでは真の弱者を救済できない、と後に山本太郎率いるれいわ新選組が誕生する布石が垣間見れる。白井よ、30年間経済成長していないのは日本だけ。2020/11/01

zikisuzuki

3
リベラル左派のダメだったところ、負けた原因については過去の事だから良く分かる話だ。しかし、どう巻き返すのかについては「共産党はどの様な豊かな暮らしを作れるのか語るべき」「どぶ板選挙を見習うべき」という意見ぐらいしか届いて来なかった。しかし、敗北感にまみれているリベラル左派の人は読むべき本だと思う。巻き返すしかないのだから。2016/07/18

七忍ミイラ

3
現代日本における喫緊の政治的課題とは、リベラルの再生である。言い換えれば、リベラルの厚みを回復していくことだ。その点で、本書の対談者、北田暁大・白井聡・五野井郁夫は一致している。ただしその内実――特に経済政策や野党連合――については相違がある。構図としては、北田-五野井vs白井。リベラリズムとラディカリズムの違いと見てもよい。▼わたしは基本的に、白井の論に賛意を示す。北田はどうも、本質的な「チャラさ」が拭えない……。とは言え、北田自身が言うように、意見は様々にあってよいのだ。▼誤植が見受けられたのが残念。2016/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11028040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。