ヴァニラ文庫 ミエル ニ1-02<br> エリート警察署長のお世話係に任命されたら溺愛が待っていました!?

個数:
電子版価格 ¥704
  • 電書あり

ヴァニラ文庫 ミエル ニ1-02
エリート警察署長のお世話係に任命されたら溺愛が待っていました!?

  • ウェブストアに83冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784596706652
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幼なじみの要と十数年ぶりに再会した昴。警察署長として着任した要は魅力的な大人の男性になっていて、ときめいてしまう。家の事情で要の「お世話係」をすることになったけど、惹かれる気持ちは募り、「夜のお世話」で初めてを捧げることに。要から与えられる淫らな愛撫に何度も絶頂に導かれ蕩けてしまうけど、要がお見合いをすると聞いてしまい!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ルーシー

4
先祖は殿様と家老だった幼馴染の再会話。幼い頃と現在のギャップが面白かった。舞台はあそこかな?と想像しながらジレジレの二人のお話を楽しく読みました。2022/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19566431

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。