子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語

個数:

子どもの本の世界を変えたニューベリーの物語

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月22日 23時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 34p/高さ 23X27cm
  • 商品コード 9784867060148
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

82
1713年イギリス・レディングの町で農家の子として生まれたジョン・ニューベリーは、小さい頃から本好きだった。18世紀子供には説教くさい詩やキリスト教の本なんかを読まされていた。大人になって成功するとロンドンでジョン・ニューベリー社を作り子供のための本「小さなかわいいポケットブック」を作った。おまけ付きで。雑誌にはなぞなぞや物語を載せた。子供用の小説も出版した。彼の死後、約150年してアメリカで世界初の児童書の賞を創設した。「ニューベリー賞」今でも毎年、アメリカ児童文学に最も貢献した作品を表彰しています。2020/10/21

oldman獺祭魚翁

56
図書館 子どもの本に与えられる最高の賞の一つ「ニューベリー賞」 その名前の元となった英国の出版人ジョン・ニューベリーのお話を絵本で描いたもの。 子どもの本と言えばキリスト教の本や、抹香臭い教訓話しかなかった時代に、子どもが読みたい本を出版。ここから英国の児童書の世界は始まった。長文の感想はこちらです⇒https://www.honzuki.jp/book/293123/review/252993/2020/10/22

アナーキー靴下

45
アメリカの児童文学賞「ニューベリー賞」のもとになったジョン・ニューベリーの伝記を絵本にしたもの。当時は子ども向けの本がなかったとか、ニューベリーの実績とか、初めて知ることばかりだ。でもそれ以上に、ニューベリーが子ども向けに考えていったことの一つ一つ、私も子どもの頃こういうものにワクワクしたな、思い出させてくれるようなもので、想像以上に大きなことを成し遂げてくれた人だったのだと、感謝の気持ちでいっぱいになった。確かに幼少期はイソップ童話好きじゃなかった。絵や全体的な色合いとかも、何だか無性に懐かしくなる。2020/11/29

たまきら

38
ニューベリー賞って、ニューベリーさんなんだ!知らなかった!(妹はもちろん知ってた…)図書館にも最初子供が入れなかったという絵本は読んだことがありましたが、知識を得る権利がある人が制限されていた時代って考えられないです。活字・絵本中毒の自分は、ただただこの人に感謝ですね。ありがとう!これからもよろしくお願いします。2020/10/30

なつきネコ

34
子供のための本を作り初めて出版した人、ニューベリーの話。この人がいたから絵本、児童書、果てはラノベやマンガなどもできたのかな。大人に娯楽の本があると言っても、やはり硬い教養本がほとんどだっただろうし。そういう意味では子供むけ娯楽本を広めた人。大人が読書がすきなら子供にも好きな物語があるかもしれない。受け入れる相手を広げることは成功の始まり。児童書の誕生。児童書の賞ニューベリー賞の名前にもなっている。児童書の発展や今まで読んだ児童書とかを考えるとと感慨深い。2023/12/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16354669
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。