ル・武士道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784594046613
  • NDC分類 156
  • Cコード C0095

内容説明

覚えていますか、あなたは―筑波大学の五十嵐助教授殺人事件(『悪魔の詩』翻訳事件)のことを…。葬儀委員長を務めた著者の告発。宮本武蔵、特攻隊、三島由紀夫…そして騎士道への旅。日仏文化の頂点に立つ著者渾身の日本人論。

目次

1 サムライ、花道を去る?(天空の捨身;黒沢明と「七士」の運命;「カミカゼ」の変貌)
2 東西の文武両道(武蔵、遅参せず!;モーリス・ベジャールの忠臣蔵)
3 セーヌの鏡像(騎士道レ・ミゼラブル;武士道の帝王学;半月旗と日蝕)

著者等紹介

竹本忠雄[タケモトタダオ]
1932(昭和7)年生まれ。東京教育大学でフランス文学専攻。修士論文でアンドレ・マルロー論を提出した1958(昭和33)年に、ド・ゴール特使の文化大臣として来日したマルローと邂逅し、以後22年間の親交を結ぶ。その間、1963年にフランス政府給付留学生として渡仏、在仏11年間にフランス語による文芸評論家、講演家として活躍、日仏文化交流に足跡を残す。フランス政府より「文芸騎士勲章」、コレージュ・ド・フランスより「王室教授章」を授章。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元客員教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

大楠公

1
西洋の騎士道とも一線を画す日本の武士道の凄まじさが、騎士道の国であるフランスの著名人の言葉で綴られている。 西洋人にはとても出来ない「切腹」、真似のできない「辞世」。この血を受継いでいる我々日本人は、もう一度「武士道」を見直し、学び直す必要があるだろう。2021/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1811204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。