白泉社招き猫文庫<br> 振り子のお稲―水晶占い捕物噺

個数:
電子版価格 ¥759
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

白泉社招き猫文庫
振り子のお稲―水晶占い捕物噺

  • 藤村 与一郎【著】
  • 価格 ¥759(本体¥690)
  • 白泉社(2015/09発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 12pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月27日 16時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831228
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

江戸で起きた水茶屋の主殺し。究明に乗り出すのは水晶占いで不思議な力を持つ少女・お稲と御用聞き・彦中。実の親子であることを二人は知らない。江戸の町に爽やかな風が吹く、情っ張り父娘捕物帳。
2015年9月刊。

内容説明

天保9年、水質の低下で苦しむ江戸で起きた水茶屋の主殺し。水晶占いで不思議な力を発揮する少女お稲はこの事件を機に御用聞き・彦十と出会い、時に反発し、時には手を携え、江戸を守るために難事件を解決してゆく。信頼を深めていく二人だが、実は父娘であることを知らない…。江戸の町に爽やかな風が吹く、情っ張り父娘捕物帳。

著者等紹介

藤村与一郎[フジムラヨイチロウ]
1957年、東京生まれ。ニューヨーク大学大学院卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅羽

5
表紙のお兄さん、何と凛々しい…と思ったらヒロインだったとは。出生に色々秘密を抱えるお稲が母親から譲り受けた水晶占いで江戸の世を揺るがす事件に挑む時代モノのミステリ。その経緯で御用聞きの彦十と出会うのですが、実は彦十はお稲の実父。それに気付かず二人はバディとして絆を深めていく、もどかしさや二人の息の合ったやり取りもテンポが良く面白かったです。ただお稲が主人公なはずが、読み終わると彦十のお話という印象が強かったです。もう少しお稲の内面を掘り下げた方が良かったかも。2021/05/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9830345

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。