白泉社招き猫文庫<br> 夜涼の顔―ぷらっと黄表紙

個数:
  • ポイントキャンペーン

白泉社招き猫文庫
夜涼の顔―ぷらっと黄表紙

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月15日 17時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784592831204
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

貸本屋の虎吉は、浅草寺門前水茶屋の看板娘、おれんから、「花番付」騒動の相談を持ちかけられる。おれんは浅草二十軒茶屋三大小町のひとりと名高い娘。が、別の小町ふたりの茶屋で食あたりが出、口さがない男たちに、おれんの店が何かしたのでは、とあらぬ疑いをかけられたのだ。虎吉は戯作者九玲彬とともに真相究明に乗り出す。文庫書き下ろし。

著者紹介

深沢美潮[フカザワミシオ]
武蔵野美術大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

貸本屋の虎吉、戯作者の九玲彬に、掛け軸から夜な夜な真っ白な顔の女が現れるという恐ろしい相談が持ち込まれた。絵師の英の助けを借りて軸を調べた二人だったが…。江戸の四季を温かく描く連作短編。
2015年7月刊。