きいてみよう障がいってなに?〈3〉学校で困っていることある?

個数:

きいてみよう障がいってなに?〈3〉学校で困っていることある?

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 55p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784591143445
  • NDC分類 K369
  • Cコード C8036

出版社内容情報

障がいのある子どもたちが学校で感じる困ったことをどのように解決していったかを紹介。ハウス加賀屋(統合失調症の漫才師)ほか

目次

障がいがあるということ―林俊さん
先生の話をスマホで「読む」―林俊さん
ぼくのペースで、「ちょっとずつ」―田村晃さん
ぼくは、絵が好きです―稲木佳祐さん
読み書きがうまくできなかった―南雲明彦さん
今のままでいいんだ新しい自分を探していこう―ハウス加賀谷さん・松本キックさん
誰にでも得意不得意はある―山崎守さん
みんなと一緒の中学へ行きたい―穏土ちとせさん
自分らしく生きよう―はるな愛さん
絵本と日記が育んだわたしのことば―岩元綾さん

著者等紹介

石川憲彦[イシカワノリヒコ]
林試の森クリニック院長。児童精神科医。1946年、兵庫県生まれ。東京大学医学部卒業。東大病院小児科、精神神経科に勤務。マルタ共和国にあるマルタ大学での研究生活を経て、静岡大学保健管理センター教授・所長などを務める。2004年、林試の森クリニック開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。