ポプラ文庫<br> みつばの郵便屋さん

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ポプラ文庫
みつばの郵便屋さん

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2024年03月01日 00時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 243p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784591140963
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

一通の手紙がもたらす小さな奇蹟。あの郵便屋さん、いったい何者? 季節をかけぬける郵便屋さんと街の人たちの温かな物語。

内容説明

郵便配達員・平本秋宏には年子の兄弟がいて、今やちょっとした人気タレント。一方、秋宏は顔は兄とそっくりだが、性格はいたって地味、なるべく目立たないようにしているのだが…。「あれ、誰かに似ていない?」季節を駆けぬける郵便屋さんがはこぶ、小さな奇蹟の物語。

著者等紹介

小野寺史宜[オノデラフミノリ]
千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴の込め」でオール讀物新人賞を受賞。2008年、『ROCKER』でポプラ社小説大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

散文の詞

181
連作短編という感じで、郵便配達の日常描かれます。 小さな出来事がほのぼのと、読んでてなんだかじんわりとあたたかくなります。 芸能人を兄に持つのがちょっと変わってるくらいで、ほんとに平凡です。 普通の人はこんな感じなんですよね。 読みやすいですし、郵便配達ってこんな感じかってちょっとだけ勉強になります。 2021/08/18

おしゃべりメガネ

156
最新刊を読んで、また最初から読みたくなり復習?読書スタートです。最初ってこんな感じだったんだなぁと改めて感慨深く読み進めていきました。今となっては当たり前のように登場するあの人もこの人もこんな登場からスタートしたんだなぁと。「たまき」さんも初登場はこんな感じだったなぁと懐かしくすら思いました。小野寺さんの書く作品のほっこり感がたまらなく好きになり、どんな作品でも会話のやりとりに抜群のセンスを感じずにはいられません。郵便配達員を主人公にし、その仕事内容にもふれているので、お仕事小説としても十分に楽しめます。2020/11/07

kanegon69@凍結中

156
とても小野寺さんらしい優しい人間関係と静かで思いやりに溢れた感情表現が素敵でした。それに郵便屋さんの立場って考えたことがなかったので、とても新鮮でもありました。確かに配達する人も人間だから、当たり前のように色々な事を考えますよね。今度缶コーヒーでも準備しておこうかなぁ。それにしても小野寺さんの登場人物は他人との心の距離感をとても大切にしていることが多いなと感じます。この主人公秋宏の考え方や思いがまた絶妙に距離感を保っていいて、今の世知辛い世の中の状況にとても必要なエッセンスがつまっていたような気がします。2020/04/19

mint☆

133
再読。有名タレントの弟で郵便配達員の秋宏。人間模様を優しいタッチで描いている。配達を通して出会う人たち。日常生活で起こるささやかな奇跡。小野寺さんの作品を初めて読んだのはこの本だった気がする。疲れている時に読むとホッとする。やっぱり好きだなぁ。2020/04/18

ひさか

131
2012年5月ポプラ社刊。書き下ろし。シリーズ1作目。2014年8月ポプラ文庫化。春一番に飛ばされたものは、悪意も届けてこそ、愛すべきアイスを、待てば海路の日和ある?、起こせる奇蹟も奇蹟、能ある鷹は爪を研げ、たとえ許せはしなくとも、そして今日も地球はまわる、の8つの連作短編。みつば地区の郵便配達をする25歳平本秋宏の日常ストーリー。小野寺さんらしく、なんでもない出来事が、面白く語られ、とても楽しい。2021/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8128495
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。