ゆううつ部!

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ゆううつ部!

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784591134559
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

今なおうつ病の著者が、フラフラの体を引きずって会いにいった9人の記録!回復へのヒントと希望が詰まったインタビュー集!

目次

OB1人目 33歳男性コンサルタント・昌弘さん
OB2人目 27歳女性看護学生・千明さん
OB3人目 18歳受験女子高生・ヒカルさん
OB4人目 24歳就活女子大生・木本さん
OB5人目 38歳メーカー技術職・小日向さん
OB6人目 58歳主婦・池田さん
OB7人目 29歳男性起業家・安田さん
OB8人目 26歳元ガングロギャル・エリカさん
OB9人目 50歳男性DTP技術者・米倉さん

著者紹介

東藤泰宏[トウドウヤスヒロ]
1981年神奈川県生まれ。IT業界で働くうち、過労のためにうつ病となる。1年半のうつ病ニート時代を経て「ゆううつ部」(ブログ)を開設。2011年にスカイライト社主催の「起業チャレンジ2011」で最優秀賞を獲得。その賞金300万円で起業。仲間を集め、2012年1月に認知行動療法をウェブで行う「U2plus」を公開。現在もうつ闘病中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

うつ病の著者がフラフラの体を引きずって、うつから立ち直った人に会いに行った。回復へのヒントと希望に満ちたインタビュー集!

うつ病からの回復のヒントと、
希望が詰まったイラストエッセイ。

うつ病闘病中でありながら、ネット上でうつの回復を促す会社「U2plus」を起ち上げた著者が、
うつ病を経験し苦しみつつも、なんとか社会生活を送れるようになったOBたちの元を訪れる。
発症するまでの経緯から症状が出ているころのリアルな記録と、社会復帰までの過程をインタビュー。

☆読者の感想
・うつ病中なのに、積極的な行動に出ている方々が本当にはげみになりました(40代・女性)
・あの頃、こんなサイトがあったらどんなに心強かったか。素晴らしい活動だと思います(20代・女性)
・心強い内容で興味深く読みました。「治るんだ!」と信じて私も頑張りたいです(40代)
・うつの人にも、うつを支えてる人にも、きぼうが持てる内容になっていました(30代・女性)
・生の声が聞けて、とても温かかったです。こういう声を探していました。(30代・女性)

◇はじめに
◇1人目 33歳男性コンサルタント・昌弘さん
「ある日会社でカップラーメンを食べようとしたんですが、
なぜかカップラーメンの作り方がわからないんです――」

◇2人目 27歳女性看護学生・千明さん
「その先に向かうものというのが想像できなくて、
これからどうなるかわからない不安も……不安が、すごく強かったですね」

―――コラム1:年末年始やGWは、心療内科の営業日を確認しよう!

◇3人目 18歳受験女子高生・ヒカルさん
「黒髪とすっぴんで外に出ると、周りの人から笑われているような
気がしてきて……素のままの自分をさらすのがとても恐ろしく感じます」

◇4人目 24歳就活女子大生・木本さん
「「ただひとつの正解」を選ばなきゃっていう思いがなくなったんですよね。
――いろんな大人に相談すれば「正解」にたどり着けると思っていたんです」

―――コラム2:今までできていた当たり前のこと

◇5人目 38歳メーカー技術職・小日向さん
「やっぱり大きいなと思ったのは、
リワーク施設で一緒にがんばっていく仲間がいたことです」

◇6人目 58歳主婦・池田さん
「今日洗濯しなくても、明日でいいって
思えるようになったのは大きいです」

―――コラム3:恋人がうつ病になったときにどうするか・その1

◇7人目 29歳男性起業家・安田さん
「自分がマネジメントをしていく上では、
うつ病になったことが活きているかもしれない」

◇8人目 26歳元ガングロギャル・エリカさん
「周りが盛り上がっていくのに、私はどんどん冷静になっていくんですよ。
――なんですかね、あの、取り残され感」

―――コラム4:恋人がうつ病になったときにどうするか・その2

◇9人目 50歳男性DTP技術者・米倉さん
「それまでは本当に、死んじゃおうと思っていたので。
だからお金も使えちゃったんです」

おわりに