リッツ・カールトンと日本人の流儀―人を動かす「洋の言葉」と「和の心」

個数:

リッツ・カールトンと日本人の流儀―人を動かす「洋の言葉」と「和の心」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年09月26日 11時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784591130537
  • NDC分類 689.8
  • Cコード C0095

内容説明

人生の価値は、社会や周囲にどれだけ貢献したかで決まる。そのために、今日から私たちは何をなすべきか?リッツ・カールトンで「サービスの真髄」を体得し、日本各地で人財・地域づくりのサポートに尽力する著者が伝えるホスピタリティとリーダーシップ。

目次

第1章 リッツ・カールトンに伝わる「仕事の流儀」(リッツ・カールトンの願い;もてなすとは、「何を以て、何をなす」 ほか)
第2章 人を動かす「トップの流儀」(自分で自分の人生を組み立てることができる国で;職場で生かした日本人のDNA ほか)
第3章 信頼を育てる「地域で生きる流儀」(大阪にリッツ・カールトンの種をまく;伊那谷で貫かれる年輪経営 ほか)
第4章 グローバル時代に見直す「日本人の流儀」(人生はウェイティング・ゲーム;完成図のないジグソーパズルのピース ほか)

著者紹介

高野登[タカノノボル]
1953年、長野市生まれ。前リッツ・カールトン日本支社長、人とホスピタリティ研究所所長。プリンスホテルスクール(現・日本ホテルスクール)卒業後、渡米。NYプラザホテル、LAボナベンチャー、SFフェアモントホテルなどの名門ホテルでマネジメントを経験し、1990年にザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコの開業に携わった後、リッツ・カールトンLAオフィスに転勤。その間に日本支社を立ち上げ、1994年にリッツ・カールトン日本支社長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

リッツ・カールトンを退職後は日本各地で人財・地域づくりのサポートに尽力する著者が提案する、ホスピタリティという新しい生き方。

人とつながり
人生を豊かにする
ホスピタリティという生き方。

リッツ・カールトン日本支社長として、
大阪と東京にリッツ・カールトンを立ち上げ、
退職後は日本各地で人財・地域づくりのサポートに
尽力する高野さん。

そんな著者が提案する、
ホスピタリティという新しい生き方。

人生の価値は、社会や身の周りに
どれだけ貢献したかで決まります。
そのために、私たちは何をなすべきでしょうか?
それに対する明確な答えを
「日本人の流儀」として一冊にまとめました。

(あとがきより)

アメリカで出会ったメンターがよく、
「毎日の生活を支えるものは、自らが得たものである。
長い人生を支えるものは、人に対して与えたものである」
と言っていました。

これは、毎日の生活は
自らが働いて得たお金や物で支えていますが、
長い人生は自分が周りの人に与えてきたもの、
すなわちその人の価値はどれだけほかの人に
貢献できたかで決まるということです。

洋の東西を問わず、
人間は人の役に立ち人のために何をし、
どれだけのことができるのかという価値観の下で生きています。
こうしたプロセスを経て、
人は本物の人間になっていくのだと思います。

一所懸命生きていると、
良い方向へ導いてくれる良き人との出会いがあります。
人生の「あみだくじ」に横棒が引かれていきます。
そうして段々と人から「ほっとかれない」人間になっていきます。

そのために、人は一所懸命仕事をし、
生きていくのだと思います。

また、「すばらしい人財」で終わらずに、
「すばらしい人物」と評された人たちの生き様からは
実に多くのことを学ぶことができます。

坂本竜馬や白洲次郎を
「すばらしい人財」とは言いません。
人財は、ある組織やある分野において
有用な能力や知識を持っている人です。

人物は、その人の人柄、生き様、
人としての在り様すべてひっくるめ、
人間として高いレベルに達したと認められたとき、
はじめて使われることばなのです。

第一章