差別表現の法的規制―排除社会へのプレリュードとしてのヘイト・スピーチ

個数:

差別表現の法的規制―排除社会へのプレリュードとしてのヘイト・スピーチ

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2018年01月20日 11時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784589038876
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C3032

内容説明

本書は、社会にとって、ヘイト・スピーチの問題を取り組まざるを得なくなった・看過できなくなったきっかけとなる実際の事件を具体例として示しながら、ヘイト・スピーチに対する法的規制の是非、規制根拠並び規制態様について検討することを目的としている。

目次

第1章 名誉毀損罪と侮辱罪の間隙―人の肌の色、出自、民族等の属性に対する誹謗・中傷について
第2章 刑法における名誉保護犯の処罰範囲―ヘイト・スピーチに対する刑事規制の可能性
第3章 刑法及び民法における名誉毀損の攻撃客体について―人種差別撤廃条約の「人種差別」概念に係るヘイト・スピーチと名誉毀損
第4章 ヘイト・スピーチ規制における「明白かつ現在の危険」―刑法からの視点
第5章 ヘイト・スピーチの定義
第6章 ヘイト・スピーチとしての歴史的事実の否定と再肯定表現に対する法的規制
第7章 人種差別表現規制の法益としての人間の尊厳
第8章 人種差別表現と法の下の平等
終章 人種差別表現と個人的連関―特定(諸)個人に向けられたヘイト・スピーチについて

著者紹介

金尚均[キムサンギュン]
龍谷大学法学部教授。1967年大阪生まれ。龍谷大学法学部助教授・龍谷大学法科大学院教授を経て、2017年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ドイツ語圏の法や判例との比較をふまえ、法的規制の根拠や射程範囲を批判的に考察。表現規制と平等・人権との関係にも検討を及ぼす。