数学嫌いのための社会統計学 (第2版)

個数:

数学嫌いのための社会統計学 (第2版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月07日 22時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 213p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589036193
  • NDC分類 361.9
  • Cコード C1036

内容説明

統計学の本を開いて、思わず閉じてしまったあなた…おそれることはありません。統計を理解するために必要な数学の力は限られています。本書を片手に一つひとつていねいに解いていきましょう。

目次

ウォーミングアップ(社会を数字で捉える―社会調査法と社会統計学;可能性で考える―確率と確率分布)
第1部 記述統計(ばらばらのデータを図表にまとめる―度数分布;分布の特性を数字でつかむ―代表値と散らばり;ふたつの離散変数を同時に扱う―クロス表;関連の強さをどう測る?―属性相関;連続変数同士の関連を分析する(その1)―散布図と相関係数
連続変数同士の関連を分析する(その2)―回帰分析
みえない関係を探る―多重クロス表と偏相関係数)
第2部 推定統計(全体のなかでの位置を把握する―正規分布;一部から全体を推し量る(その1)―標本平均と中心極限定理
一部から全体を推し量る(その2)―母集団の推定
偶然と必然を見分ける―仮説検定
集団間で違いがあるか―集団間の差の検定
関連の真偽を判断する―X2検定と相関係数の検定)

著者等紹介

津島昌寛[ツシママサヒロ]
現職:龍谷大学社会学部教授。専攻は計量犯罪学、社会病理学

山口洋[ヤマグチヨウ]
現職:佛教大学社会学部准教授。専攻は社会学研究法、社会調査論、階層意識

田邊浩[タナベヒロシ]
現職:金沢大学大学院人間社会環境研究科教授。専攻は社会学理論、現代社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。