遊びの宝箱

個数:

遊びの宝箱

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月19日 10時22分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 129p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784905158332
  • NDC分類 781.9
  • Cコード C2076

内容説明

“遊びの研究家”である著者が厳選した、100種類の“面白い遊び”!子どもたちはもちろん、両親、学校や幼稚園・保育園の先生、プレイリーダーなどにおすすめの“子ども遊び”の集大成。我々が幼い頃に夢中になって楽しんだ遊びを、今の子どもたちにも伝えてみませんか?

目次

第1章 わらべ遊び(鹿しか、つの何本?;なかなかホイ ほか)
第2章 外遊び(竜巻;猿の谷渡り ほか)
第3章 室内遊び(投扇興;藤八拳 ほか)
第4章 パーティーゲーム(はなはな;大きいちょうちん ほか)
対談 遊びへの誘惑(草場純×斎藤次郎)

著者等紹介

草場純[クサバジュン]
1950年、東京都生まれ。1974年に東京学芸大学を卒業後、都内公立小学校に勤務し、子どもたちとさまざまな遊びを実践。1976年、ゲームについての最初の論考を『S‐Fマガジン』(2月号)に掲載。1982年、ゲームサークル「なかよし村とゲームの木」を設立し、以来30年以上にわたって1700回を超えるゲーム会を開催。「遊戯史学会」に入会し、論文を発表。2000年、第1回「ゲームマーケット」を開催し、以来2009年まで毎年主催。2006年、教員を退職すると同時に海外に日本のゲームを送り出すプロジェクト「やぽんブランド」を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

子どもたちはもちろん、両親、学校や幼稚園・保育園の先生、プレイリーダーなどにおすすめの“子ども遊び”の集大成。“遊びの研究家”である著者が厳選した、100種類の“面白い遊び”!
子どもたちはもちろん、両親、学校や幼稚園・保育園の先生、プレイリーダーなどにおすすめの“子ども遊び”の集大成。我々が幼い頃に夢中になって楽しんだ遊びを、今の子どもたちにも伝えてみませんか?

■わらべ遊び/なかなかホイ、いもむしごろごろ、竹の子1本、イロハニコンペイト、今年の牡丹、あぶくたった
■外遊び/いちにのさん、ぞうきん、ぐるぐる鬼、缶蹴り、タッチ陣取り、Sケン、水雷艦長
■室内遊び/軍艦じゃんけん、グリンピース・ドン、鉛筆会戦、電話交換機、マルバツ、豚のしっぽ
■パーティーゲーム/フラッシュ、頭足類、どびん、王様じゃんけん、フルーツバスケット、満員電車 など……
今回、初めて活字になる遊びも多数収録!

イラスト/もちつきかつみ

草場純[クサバジュン]
1950年、東京都生まれ。1974年に東京学芸大学を卒業後、都内公立小学校に勤務し、子どもたちとさまざまな遊びを実践。1976年、ゲームについての最初の論考を『S-Fマガジン』(2月号)に掲載。1982年、ゲームサークル「なかよし村とゲームの木」を設立し、以来30年以上にわたって1700回を超えるゲーム会を開催。1989年、ゲームについての著書『ゲーム探検隊』(共著・書苑新社)を刊行。この頃「遊戯史学会」に入会し、論文を発表。1990年、雑誌『三輪車疾走』に掲載した「今年の牡丹で私が語りたかったこと」が、本書『遊びの宝箱』のルーツとなる。2000年、第1回「ゲームマーケット」を開催し、以来2009年まで毎年主催。2006年、教員を退職すると同時に海外に日本のゲームを送り出すプロジェクト「やぽんブランド」を設立し、『ラブレター』『街コロ』などの話題のボードゲームを世界に送り出す。2007年、『夢中になる! トランプの本』(主婦の友社)を刊行。現在の研究は、江戸時代の盤双六の史料を精読して、近世盤双六のルールと実態を解明すること。夢はボードゲーム博物館の建設。