原爆―広島を復興させた人びと

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり

原爆―広島を復興させた人びと

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年06月21日 08時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 317p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784087711509
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

「75年間は草木も生えぬ―」そう囁かれた廃墟の町を、命を懸けて平和都市へと蘇らせた人びとがいた。世界平和を願い、広島に奇跡の復興をもたらした歴史に迫る、感動の群像ノンフィクション。1945年8月6日午前8時15分、B29から投下された一発の原子爆弾が、広島を死の町に変えた。残留放射能に満ちた市内に通い、原爆症になりながら、その悲劇を記録して後世に残そうとする人物がいた。のちに広島平和記念資料館の初代館長となる長岡省吾である。原爆投下の悲劇を伝え続け、いまでは世界中から年間170万人が訪れる資料館だが、彼の存在は驚くほど知られていない―。

目次

第1章 原爆投下
第2章 破壊の痕跡
第3章 広島平和記念資料館
第4章 悲劇を継ぐ
第5章 原子力の平和利用
第6章 原爆ドーム

著者等紹介

石井光太[イシイコウタ]
1977年、東京都生まれ。2005年『物乞う仏陀』で作家デビュー。ノンフィクションを中心に、小説や児童書など幅広く執筆活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

長岡省吾・浜井信三・丹下健三──。広島を平和都市として復興させることに尽力した三人の人物に光を当てる。「負の遺産」を伝え続ける広島平和記念資料館の知られざる歴史に迫る骨太ノンフィクション。




石井 光太[イシイコウタ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件