ルポ・罪と更生

個数:

ルポ・罪と更生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月26日 05時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784589036155
  • NDC分類 326.53
  • Cコード C1036

目次

序章 累犯を断つ―負の連鎖にはまる人たち
第1章 裁くということ―手探りの裁判員裁判
第2章 刑のかたち―再犯防止へ続く試み
第3章 少年院のいま―学びの場模索の日々
第4章 更生保護の現場から―再起を支える
第5章 極刑―ベールに包まれた世界
第6章 家族の肖像―加害者と被害者と

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ともがら

4
大変興味深いものでした 被害者・加害者のその家族等に関するもの 死刑に関するもの これらをより知りたくなりました2017/03/30

awa

2
日本的刑罰には限界が近づき、社会から弾かれた人間が最後に流れ着くセーフティーネットと化しつつある。しかしそういう目的で作られている制度では当然ないので歪になってしまっている。社会の側から包括していくという理念を日本に浸透させるところから始めなければならない2015/06/09

たな

2
犯罪者の処遇における近年の変化、特にPFI刑務所、裁判員裁判、死刑制度、被害者支援および加害者支援制度などについてざっと紹介している。広く浅くという感じではあるが、入門としては十分だと思われる。2015/04/18

カステイラ

1
累犯障害者、裁判員裁判、少年犯罪の加害者、死刑囚、犯罪加害者の家族…と様々な面から罪を裁くこととは何か、裁かれた人を今後どうするのか取り上げた本。ようやく国も更生させることに本腰を入れるようになったがまだまだ現場頼りが否めない。現場の人たちがもうダメだと倒れてしまわないようにもっと支える体制を作って欲しいと思った。2016/01/30

roron

1
刑務所や少年院にいた人はやがて社会に出てくるわけで、刑罰を与えても更生を施さなければ最悪は再犯。障害・無縁・貧困など、犯罪者を取り巻く問題は社会的弱者のそれと紙一重だったりする。後半の犯罪加害者・被害者家族の章がなんともいえない。犯罪に関わる「排除」にスポットを当てたルポでした。2015/08/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8170952

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。