市民参加の行政学

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

市民参加の行政学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 13時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589033758
  • NDC分類 318.8
  • Cコード C1031

目次

第1章 公共性と市民参加
第2章 市民参加の理論
第3章 運動論・組織化論による補強
第4章 コミュニティ論による補強
第5章 意思決定論による補強
第6章 市民参加の実際
第7章 NPOやボランティア活動の位置づけ
第8章 市民参加の成果と限界

著者等紹介

田尾雅夫[タオマサオ]
1946年香川県生まれ、京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業、京都大学文学研究科(心理学専攻)修了、博士(京都大学、経済学)、京都府立大学文学部社会福祉学科助教授、京都大学経済学部経営学科教授、京都大学公共政策大学院教授を経て、2008年以降、現職。現職、愛知学院大学経営学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ra

1
少子高齢×人口減×財政難社会が進み、資源不足に陥っている現代行政に於いて、公共サービスの質や量を維持していくためには、市民が議論や意思決定、政策評価に参加し、また、市民自身が公共サービスの提供主体になることが不可欠であると説く。そして、自治体に於ける市民の参加という観点から、公共性や市民運動論、組織論など幅広く論じる(著者は愛知学院大学経営学部教授)。ただ、著者があとがきで述べているように法制度論と実践例に乏しく、物足りなさが残る。まだ、著者自身の中で熟していないテーマなのではないかという疑念も拭えない。2017/05/04

弔う

0
市民参加がなぜ必要なのか、どんな限界があるのか、どうすれば市民参加が成立するのかという問題を、様々な論点から補強し、述べている。運動論・組織化論、コミュニティ論、意思決定論など、様々。なかなか勉強になった。2014/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4348125

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。