憲法と沖縄を問う

個数:

憲法と沖縄を問う

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月19日 08時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 187p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589032775
  • NDC分類 323.14
  • Cコード C1032

内容説明

普天間基地問題は、民意に反する“日米合意”によって決着が図られようとしている。そもそも不当な「負担」や「痛み」は軽減・分散するのではなく、除去されるべきであろう。いま沖縄の怒りが臨界にあるなかで、“憲法から沖縄を”“沖縄から憲法を”問い直す作業を通じて、沖縄がかかえている諸問題の実像に迫る。

目次

総論
沖縄と基地(2つの法体系と基地問題;「国家の安全保障」と「人間の安全保障」の間で;軍用地の強制収用問題)
沖縄と自然保護
沖縄・平等・家族
内心の自由と沖縄靖国訴訟
表現・歴史・民主政―教科書検定と沖縄の「民意」
知る権利と防衛情報―那覇市情報公開決定取消訴訟事件
沖縄における生存権
学問の自由・教育権・学習権
沖縄の雇用・失業問題
沖縄における地方自治
沖縄における自治の実践―県民投票・市民投票
国家主権と人権

著者等紹介

井端正幸[イバタマサユキ]
沖縄国際大学法学部教授

渡名喜庸安[トナキヨウアン]
琉球大学法科大学院教授

仲山忠克[ナカヤマタダカツ]
弁護士(ゆい法律事務所)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。