核は廃絶できるか―核拡散10年の動向と論調

個数:

核は廃絶できるか―核拡散10年の動向と論調

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784589031938
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C3031

内容説明

オバマ米大統領は「核のない世界」を訴え、ノーベル平和賞を受賞した。人類はこの機会に核廃絶へと向かうことができるか。核廃絶への機運が高まった2009年。だがその直前は核が拡散した10年だった。「失われた10年」の核を取り巻くダイナミズムを年ごとに検証し、明日の核軍縮を展望する。

目次

核拡散から核廃絶へ
1998年―インドとパキスタンの核実験で激変した世界
1999年―「核廃絶一歩手前」を提言した東京フォーラム
2000年―NPT再検討会議と「核廃絶への明確な約束」
2001年―9.11テロで大きく後退した核軍縮
2002年―米国の対イラク戦争準備に揺れた世界
2003年―イラク戦争への突入は世界をどう変えたか
2004年―「対テロ戦争」の影で拡散する核
2005年―被爆60周年だがNPT体制は危機的状況
2006年―核軍縮の羅針盤は狂う一方
2007年―新たな潮流と先の見えない課題
2008年―ブッシュ政権の「退場」と新たな序曲
2009年以降の展望

著者等紹介

水本和実[ミズモトカズミ]
現職:広島市立大学広島平和研究所准教授。専攻は国際関係(核軍縮・安全保障)。1957年広島市生まれ。1981年東京大学法学部政治コース卒業。朝日新聞社入社。1989年米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修士課程卒業。朝日新聞社会部員外報部員、ロサンゼルス支局長などを経て1998年から現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。